About Armada

ライダーズブランド

2000年前後スキーヤーのライドスタイルは変化をし始めましたが使用する道具の変化や既存のブランドは変化しませんでした。 フリースタイルスキーは従来のスキーとは違い、スノーボード、スケートボード、そしてサーフィンの自由に共通したものがありました。 そこには、滑りての感性に任せたプロダクトの開発やブランド構築が必要となり次世代のスキーヤーがその熱意を共有してARMADAが誕生するきっかけになりました。

“This is ARMADA”

2002年11月、この事業はカリフォルニア州トラッキーの地下本社からスタート。 その後、ビーチシティのコスタメサに移り、世界最大級のスケートブランドやサーフブランドが本社を置くエリアで感性を共有。 運営当初からライダーのタナーホールや仲間のフィルマーが参加し、業界を駆けめぐりました。 タナーの兄であるタイソンが同社の営業マンとしてブランドの下支えをしました。 現在はタナーホールのホームでもあるソルトレイク・パークシティーにテストスキー製造レーンを兼ね揃えた本社を構え、開発力を強めている。 今後もARMADAブランドはライダーと共に世界のスキーシーンを牽引し続けることを約束します。