2023.01.13 All New ARV&ARW Vol.1

新年を迎えまして、新春のご挨拶を申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
年末年始は各地で降雪に恵まれ、パウダーを楽しまれた方も多いのではないでしょうか?皆様、思い思いのスキーで楽しまれた事と思います。引き続き安全に楽しいスキーシーズンをお過ごしください。
さて、今回は全く新しいARV&ARWが登場いたしましたのでARVの歴史や構造上の注目ポイントを紹介して参りたいと思います。
今回リニューアルされたのは100, 94, 88の3種類のツインチップスキーです。116,106,84に関してはグラフィックチェンジのみで構造の変更はございません。新登場の100, 94は柔らかく、遊びやすさを追求したスキーに、88はスロープやパイプといったコンペで勝つためのスパルタンなフルキャンバーモデルとなっております。 芯材や構造を見直し、軽量でありながら耐衝撃性に富んだ新世代のツインチップスキーが2023秋に登場いたします。前作同様にARWはARVのソフトフレックス、ローパワーモデルとしてユニセックスでご使用いただけます。

ARV と ARMADAの歩み

armadaは2002年末に、スキーのあるべき姿を模索するタナー・ホールをはじめとしたフリースキーヤーのグループによって設立されました。ツインチップビルダーとして様々なパークスキーを生み出し、そのカルチャーを発展させてまいりました。2023年には20周年を迎えその勢いが衰えることはありません。 今回フォーカスするARVは、20年来のコレクションで、ARMADAが誕生したその日から私たちとともにありました。ARVは私たちARMADAのバックボーンであり、根幹であり、ロングセラーシリーズとして現在に至ります。この20年間、お客様とともに成長し、同時に次世代の熱心なアルマダファンを生み出してまいりました。 スキー業界においてこれほど長く愛される製品は前代未聞ですが、ARVはそれを実現し、年々成長を遂げています。23-24のアップデートにあたりARVは、かつてないほど強くなっております。

プロダクト開発

最終テストは2022年5月、スウェーデン クラッペンスノーリゾートにて開催のARMADA Team Weekで行われました。写真はスキー開発責任者マットとライダーとのミーティングの様子です。日本からもライダーの藤井源、スタッフが参加しました。ご覧の通り名だたるライダーたちが肩を並べております。ライダーズブランドとしてライダーやコーチとの意見交換を欠かさず、使い手ファーストで物づくりが行われております。このミーティングを通してアルマダライダーが求めるスキーの方向性は2つに分けることができました。1つはコンペで勝つためのスキーの必要性。もう1つはよりクリエイティブな動きを追求するためのスキーの必要性です。ARV&ARW88は前者、94&100は後者の要求を満たしたスキーです。我々は最前線のライダーが必要としているものを確実に形にしていきます。また最終テストに行き着くまで多くの時間を費やしました。様々なスキーヤーとの意見交換により、シェイプ、ロッカー、そして何より、スキーのパフォーマンスと耐久性を高めるために使用できるかもしれない素材について、アイデアが生まれました。
写真右に映る木目調のノングラフィックのスキーがテストスキーです。ここではARV94,88のテストが行われ、それぞれ中身の異なる5種類程度の最終プロトモデルが持ち込まれました。ここでの結果をもとに皆様のお手元へ届くスキーが完成しております。88はフルキャンバー のTheオーソドックスなクセのないパークスキーです。非常に強い反発ともたつきのないシャープな操作感が特徴的です。高難易度のトリックを少ない労力で確実に遂行するためのコンペスキーです。94に関しては前回の96が硬すぎたため”もっと柔らかく遊べるスキーが欲しい”と言うライダーたちの総意によって開発が進められたスキーです。トップとテールがより使いやすくなり、プレスやバター、オーリー、ノーリーなど自由自在な動きが容易に可能なフレックスバランスをとってあります。より一般のスキーヤーの皆様にも受け入れられやすいスキーとなりました。そして両者に言えることは非常に軽いこと。軽さはトリックの進化をさらに加速させることでしょう。

New テクノロジー “w3Dgewall”

従来のパークスキーは強度を出すために一つ一つのパーツが厚く、重厚感があり、その重量も非常に重いことが当たり前でした。ライダーたちはトリックの進化のためにも軽く、高強度な次世代のパークスキーを必要としました。w3Dgewallは、スキー設計を根本から見直したものです。 w3Dgewallは、3D成型されたインジェクションのサイドウォールがウッドコアと接合する部分に角度をつけ、スキー製造時に金型内で機械的に結合し、サイドウォールとコアをより強く、均一に接合させるものです。 耐久性を高めるために重要な部分により多くの素材を使用し、チップとテールに3Dのテーパーをつけたw3Dgewallは、軽量化しながらもエッジグリップを強化し、パークでの過酷な使用に耐えるスキーを作り出します。負荷がかかる足元のサイドウォールは厚く、トップとテールはサイドウォールを薄くすることで柔軟な動きをしてくれます。もちろんトップとテールのテーパー化されているためスイングウエイトを軽量にすることも同時に可能です。

New テクノロジー “ASH binding insert”

「持続可能性」と「耐久性」という言葉は、普段はあまり結びつかないものです。この新しいプロジェクトを始めるにあたり、私たちは高性能なウッドコアを選択しただけでなく、従来のプラスチック製ビンディングマットを廃止し、ASHビンディングインサートに変更しました。 その結果、サステナブルな材料を用いながらもビンディングの引き抜きに対する耐久性の向上に結びつけることが実現しました。図の中心に位置する楕円形の窪みにASHビンディングインサートが挿入されます。アッシュ材は密度が高く硬式バットに使用されるほど高強度で高反発な素材です。しっかりとビスが効くため日常的に衝撃や振動にさらされても強度の低下を抑えることが可能です。スキーの芯材には軽量なポプラを使用し、より強度が必要な場所にはアッシュを使用することで軽量でありながら強いスキー作りが可能になりました。

DEMO TOUR 2023 好評受付中!!

いよいよ本格的にDemo Tourがスタートいたします。今週末は岩手県 夏油高原スキー場です。ここから北海道、兵庫とラウンドいたします。開催時間の変更など急なスケジュールの変更についてはInstagramまたはFacebookでのご確認をお願いいたします。皆様のご参加をお待ちしております。
*ARV&ARW94,100についてはサンプルの製造が遅れており2月以降の運用開始を予定しております。ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願いいたします。

受付はこちら

注意事項
スキー場外の滑走は厳禁です。
レンタルではなくあくまで試乗です。
試乗時間については現場スタッフの指示に従ってください。
天候により開催時間の変更が発生する場合がございます。
ジブや地面の出ている場所の滑走は厳禁です。
試乗中の怪我や事故については一切の責任を置いかねます。
スキーに怪我はつきものですので傷害保険への加入をお願いいたします。
開催時間の変更等は公式InstagramFacebookにてご案内いたします。
*ルール違反並びに現場スタッフの指示に従っていただけない場合は貸し出しを即刻停止し、今後一切のイベント参加をお断りいたします。

2022.12.09アルマダ・ディクリビティー&リライアンス Vol’2
2022.11.17アルマダ・ディクリビティー&リライアンス Vol’1
2022.10.14アルマダ・ロケーターシリーズ
2022.09.16アルマダ・ARV & ARWシリーズ
2022.08.19アルマダ・シグネチャーシリーズ
2022.07.06アルマダ・ゼロシリーズ
2022.06.09ARMADA TEAM WEEK
2022.05.10春の乗鞍BC ~LOCATOR96 x TRACER Bin~
2022.04.14南志賀Traditional Trail Tour
2022.03.17ALL NEW LOCATOR Series
2022.02.17All New Zero Series
2022.01.20DEMO TOUR 夏油高原 インプレッション
2021.12.16【予約受付開始】DEMO TOUR2022&ARW106UL雪上インプレッション
2021.12.08DEMO TOUR 2022開催決定!!&Details of ARMADA Ski’s Vol’5
2021.10.13Details of ARMADA Ski’s Vol’4
2021.09.14Details of ARMADA Ski’s Vol’3
2021.08.18Details of ARMADA Ski’s Vol’2
2021.07.12Details Of ARMADA Ski’s Vol’1
2021.05.21ARMADA SNOW WEAR
2021.04.23春山BC特集!!!
2021.02.22[Info] 21-22 New Products!!
2020.06.15WHITEWALKER&STRANGER
2020.04.10TRACERシリーズ
2020.03.09New DECLIVITY シリーズ